LOVER SPINNERBAIT

B.A.S.Sエリートアングラー「アイク」こと「マイク・アイコネリ」とMolixが新たに提案する「LOVER®」シリーズの新型スピナーベイト。アラバマリグがバスフィッシング界に誕生して以来、バスアングラーの誰しもが一度は考えたであろうスピナーベイトとアラバマリグの融合。しかしスピナーベイトの繊細な構造上、バランスや動き、所々の問題で簡単に実現する物ではなかった。数年前よりアイコネリとMolixによりこのプロジェクトをスタート。妥協のないテストを繰り返した結果「アラバマリグ+スピナーベイト」と言う枠を超え多様な戦略性が生まれた。スイム系ジグに劣らないスイミングバランスを備え、独自のワイヤーターミナルシステムとヘッドデザインにより、ラバージグとしてのボトムトレースも可能。デフォルトのワイヤーバランスはアルミブレードが互いに干渉する距離に設定し、回転時に絶妙なクリックサウンドを発生させアピールする。このスピナーベイトの形を新たに「アンブレラスタイル」と称しアイコネリ監修のもと、オールシーズン/オールウェザー/オールタイム使用する上では欠かせないカラーブレードをラインナップしリリースされる。
2014年にアラバマxスピナベのコンセプトとしてプロジェクトをスタート。デザインを起こし、一番の壁となったのはスピナーベイト4軸ワイヤー化のスイミングバランス。 アイディア元となっているアラバマリグ(アンブレラリグ)は軸の中央結合部にヘッドがあるのに対し、通常スピナーベイトは下部のワイヤー側にある。 構造自体を大きくしバランスを取るファクターの数を取れば問題は解決しやすくなるが、スピナーベイトとして出来るだけスマートにしなければならない。 まとまりの良い3ブレード+1ヘッドの最小構造を貫き、妥協のないテスト&フィードバックを繰り返した。
様々なプロトタイプを作成、2015年10月にアイクとの最終調整に入った。スイミングバランス、スナッグレス性能、バイブレーション、クリンキングサウンド、フォール時のドロップベイトアピール。スピナーベイトとして求められる全ての性能をコンパクトに凝縮した上に、様々な付加価値を与えることに成功した。おおよそ2年の歳月を経てMolixとアイコネリが生み出し、この形をスピナーベイトの"アンブレラスタイル"と称しアングラー達のリーサルウェポンとして世に送り出した。

スペック

自重(oz.) センターブレード サイドブレード 本体価格(円)
ラヴァースピナーベイト 1/2 アルミウィロー#3 アルミウィロー#2 1,900

カラー

02 ホワイトチャート

07 スペシャルホワイト

18 ボゴルデイス

19 パンメルフィッシュ

20 パープルシンセイ

21 マッドベイン

22 ネオンチャーマー

23 ブルーギル

MOVIE